コラム|【公式】なごみ小児歯科クリニック|戸越銀座・大崎・五反田エリアの歯科・歯医者

 
10:30~13:00
14:00~19:00

休診日:木曜・祝日

△:9:30~13:00 14:00~18:00
English speaking doctor(Mon,Tue,Wed,Sat)

〒142-0041
東京都品川区戸越2-7-4 ウィン戸越2F

03-6426-7533
予約制各種保険取扱
  • 地図
  • 地図
  • メニュー

コラム

妊娠すると歯がボロボロになるっていうのはウソ?本当?

こんにちは。

戸越銀座通りにある「なごみ小児歯科クリニック」です。

子どもを一人産むたびに、歯がボロボロになるという話を聞いたことはないですか?

これは、まったくのウソとはいえないのですが、妊娠中の歯周病やむし歯は、しっかり予防していれば防ぐことができます。

「妊娠したら、赤ちゃんに栄養が取られて歯が弱くなる」などと言われれたも昔の話。妊娠中に歯が悪くなりやすい原因は、赤ちゃんに栄養が取られるからではありません。

では、なぜ妊娠すると歯が弱くなるのでしょうか?

 

「妊娠中は歯周病になりやすい」というのは本当です

妊娠すると妊婦さんの身体は、「エストロゲン」や「プロゲステロン」といった女性ホルモンが通常の最大30倍以上にも増加し、妊娠に適した身体を作ります。

けれどもこれらの女性ホルモンは、妊婦さんのお口の中で歯周病菌を増やしてしまうことがわかっています。

不本意ではありますが、女性ホルモンが増えた妊婦さんのお口の中は、歯周病菌にとっても居心地の良い空間に早変わりしてしまうのです。

いつも以上に徹底したケアをしなければお口の衛生環境を維持できないのにもかかわらず、つわりなどの症状で、丁寧な歯磨きができなくなる妊婦さんは多いのではないでしょうか。

その結果、妊娠中は歯周病やむし歯が悪化しやすくなり、「歯がボロボロになった」「歯ぐきから血が出るようになった」という状況に陥ってしまうのです。

 

妊娠中のお口のケアのコツは?「寝る前の歯磨き」

具合が悪くて満足に歯磨きができない時は、無理は禁物です。あまり気にしないようにしましょう。

歯磨きは一日の中で調子のいい時間帯に、リラックスして磨いてみましょう

できるだけ夜寝る前に歯磨きができるといいのですが、それが難しい場合はうがいでお口の食べかすなどを流しましょう。

歯ブラシのヘッドが小さいものに変える、歯磨き粉を無香料のものにするなど、妊娠中でもできることを試してみるのもいいですよ。

 

妊娠中の予防ケアは女性院長がいる当院へ

妊娠すると歯が弱ってしまうのは、妊婦さんのお口の環境の変化によるものですが、これは予防ケアでしっかり防ぐことができます。

普段の歯磨きではむずかしい場所の歯の汚れなど、歯科医院でクリーニングしてみませんか?きちんとした予防ケアをしていれば、出産後も健康なお口が保てます。

当院は女性院長のいる歯科医院ですので、妊娠中のお口のトラブルやお悩み、気になることなど気兼ねなくご相談いただけます。

特にお口の症状に変化や自覚症状がなくても、安定期に入れば歯科検診を受けてくださいね。おなかの赤ちゃんの健康のためにも、大事なことです。