コラム|【公式】なごみ小児歯科クリニック|戸越銀座・大崎・五反田エリアの歯科・歯医者

 
10:30~13:00
14:00~19:00

休診日:木曜・祝日

△:9:30~13:00 14:00~18:00
English speaking doctor(Mon,Tue,Wed,Sat)

〒142-0041
東京都品川区戸越2-7-4 ウィン戸越2F

03-6426-7533
予約制各種保険取扱
  • 地図
  • 地図
  • メニュー

コラム

歯磨き粉は何歳から使えばいい?

こんにちは。
 
戸越銀座通りにある「なごみ小児歯科クリニック」です。
 
 
お子様には、なるべくむし歯になってほしくないから、「効果的にむし歯予防をしたい」と考えている保護者の方は多いでしょう。
 
なかには、フッ素入りの歯磨き粉を使ったり、歯科医院でのフッ素塗布を定期的にしたりして、積極的な取組みを進めている方もいらっしゃいます。
 
でも、自宅でケアを行うとき、歯磨き粉は何歳からどんなものを使ったら良いのか悩んでしまうことはありませんか?
 
年齢ごとの歯磨きの仕方に合わせた歯磨き粉を知っておくことで、むし歯予防に役立てていただけたらと思います。
 
 

お子様の歯磨きはいつから始める?

お子様の歯磨きは、乳歯が1本でも生えてきたら始めましょう。
 
生後6カ月くらいから、下の前歯が生え始めます。
 
赤ちゃんのお口の中はデリケート。乳歯も小さいため、いきなり歯ブラシで磨くのではなく初めはガーゼを使って歯の汚れを拭うようにしてあげましょう。
 
まだミルクを飲んでいたり、離乳食を始めたばかりという頃なので、ガーゼ磨きだけでも充分に汚れを落とすことができます。
 
 

歯磨き粉はいつから使う?

歯磨き粉を使い始める年齢は、ブクブクうがいができる、3歳くらいになってからが良いですね。
 
歯磨き粉の中には、歯に良いフッ素以外にもさまざまな成分が入っているので、最後はうがいで吐き出す必要があるからです。
 
 
また、むし歯予防に効果的なフッ素ケアができるのは、歯磨き粉だけではありません。
 
フッ素ジェルやフッ素スプレーなど、歯磨き後に歯に塗るタイプのアイテムもあります。
 
これらは塗った後、うがい不要です。うがいができない年齢のお子様のむし歯予防にも使用できるアイテムです。
 
 

乳歯が生えたら定期検診を始めましょう

乳歯が生えたら、定期検診のスタートをおすすめします。
 
歯科で、むし歯予防の効果が大いに期待できるフッ素塗布の処置を受けることができます。
 
けれども、お子様のむし歯予防で、もっとも大切なのは歯磨きです。お子様の歯磨きを毎日していくのは、保護者さまの役割です。
 
きちんと磨けているのか、磨くポイントがあるのか、不安になることもあると思います。
 
わからないこと、お悩みのことがあれば、何でもお気軽にご相談ください。
 
 
なごみ小児歯科クリニックでは、お子様の歯の健康に関するワークショップやセミナーを行っております。
 
むし歯予防をストレスなくできるように役立つ情報を発信しておりますので、お子様と一緒にご参加ください。