コラム|【公式】なごみ小児歯科クリニック|戸越銀座・大崎・五反田エリアの歯科・歯医者

 
10:30~13:00
14:00~19:00

休診日:木曜・祝日

△:9:30~13:00 14:00~18:00
English speaking doctor(Mon,Tue,Wed,Sat)

〒142-0041
東京都品川区戸越2-7-4 ウィン戸越2F

03-6426-7533
予約制各種保険取扱
  • 地図
  • 地図
  • メニュー

コラム

赤ちゃんのむし歯はママや家族から感染する!?

こんにちは。
 
戸越銀座通りにある「なごみ小児歯科クリニック 」です。
 
 
赤ちゃんは、歯が生える前から歯科予防ができるのをご存知でしょうか?
 
実は、妊娠中 から 赤ちゃんのために行える予防歯科 があります。
 
 

赤ちゃんが生まれる前に、家族で歯科予防を!

生まれたばかりの赤ちゃんは、もちろん むし歯菌がゼロ です。
 
では、子どものむし歯の原因は、どこからくるのでしょう?
 
それは、お母さんやご家族のお口の中のむし歯菌や歯周病菌です。「食事」や「スキンシップ」によって、うつされるのです。
 
つまり、ご家族全員が健康的なお口でいることで、赤ちゃんの歯を守ることができます。
 
赤ちゃんが生まれる前に、妊娠中のお母さんだけでなく、ご家族全員が定期検診やクリーニングを 受けて、お口を清潔な状態に保ちましょう。
 
 

妊娠中は歯周病のリスクが高い!?

特に、妊娠中は歯周病のリスクが高く なります。
 
なぜ、妊婦さんは歯周病になりやすいのか理由を見ていきましょう。
 
 
1. 女性ホルモンの増加
 
妊娠すると、エストロゲンなどの 女性ホルモン の分泌量が増えるのですが、妊娠10週で最高値まで跳ね上がります。
 
歯周病菌は、女性ホルモンを好み活発になるため、妊娠中の女性は非常に歯周病になりやすいのです。
 
妊娠中に発症する歯周病のことを 「妊娠性歯周病」 と呼びます。
 
 
2. 歯磨き不足になる
 
食事の変化や食べづわり(ダラダラ食べ)によって、口内環境が不衛生 になりがちです。
 
また、つわりがひどく歯ブラシを口の中に入れるだけで、嘔吐してしまう人もいます。
 
妊娠中は嗅覚も敏感なので、歯磨き粉の香りでさえも気分が悪くなり大変です。
 
好きな香りの歯磨き粉やヘッドの小さい歯ブラシを選ぶなど、工夫してみましょう。
 
このように、妊婦さんは口内を清潔に保つことが難しくなってしまうため、歯周病になるリスクが上がるのです。
 
セルフケアだけでは、歯周病を予防することが困難な人もいるため 歯医者でのクリーニング がおすすめです。
 
 

妊娠中の歯周病が赤ちゃんに悪影響!?

お母さんだけでなく、お腹にいる赤ちゃんにも歯周病菌の悪影響が及ぶことがあります。
 
特に恐ろしいのは、低体重児出産や早産のリスク が、健康的な妊婦さんに比べておよそ 7倍 も上がるのです。
 
歯周病菌は、血液を通って胎盤にも達します。
 
歯周病菌により、子宮収縮が起き、赤ちゃんが下に降りてきてしまうのです。
 
なごみ小児歯科クリニックは、0歳からのお子様を中心に、ご家族全員の健康を育てる クリニックです。
 
ぜひ、ご家族の皆さんで赤ちゃんを守るために、早めのクリーニングをしにきてくださいね。