ブログ|【公式】なごみ小児歯科クリニック|戸越銀座・大崎・五反田エリアの歯科・歯医者

 
10:30~13:00
14:00~19:00

休診日:木曜・祝日

〒142-0041
東京都品川区戸越2-7-4 ウィン戸越2F

03-6426-7533
予約制各種保険取扱
  • 地図
  • 地図
  • メニュー

ブログ

  • アーカイブ

  • カテゴリー

この2つを警戒!見えない「過剰歯」から子どもの口を守るヒント

2019年12月17日

 

「もしかしたら“カジョウシ”があるかもしれない」。
小児歯科医の先生にそう言われて『カジョウシとは?』とあなたは固まってしまったところではないでしょうか。
漢字では「過剰歯」と書きますが、集団検診では見つかりにくい厄介者でもあるのです。
お子さんの歯が一体どんな状態になっていて、どのような問題があるのか、まとめて紹介していきます。

 

30〜40人に一人はいる「過剰歯」

 

 

人の歯は、乳歯なら20本、永久歯なら28〜32本が通常の本数です。
それよりも多くできてしまった歯を「過剰歯(かじょうし)」と呼びます。
30〜40人に1人ぐらいは過剰歯がある人がいて、そこまで珍しいわけでもありません。

 

女性よりも男性の方が多くみられる症状とはいわれますが、原因がはっきりとは分かっていません。
歯が作られる段階において顎の骨の中で“歯の卵”(正しくは「歯胚(しはい)」)が余分に作られたり二つに分かれてしまったりして過剰歯になると考えられたりしています。

 

ママが気をつけたい過剰歯の発見につながる2つのヒント

 

 

永久歯の生え方や歯並びに影響を与えかねない過剰歯は、早く見つけて小児歯科医と相談しながら処置をしていくしかありません。
過剰歯の多くは、虫歯治療や定期検診でレントゲン写真を撮った際に発見されますが、もし発見が遅れたら……。
心配される親御さんのために過剰歯を見つけるヒントを2つ紹介します。

 

●過剰歯を見つけるヒント①:前歯にスキマができてふさがらない

 

上顎の前歯(上の歯の真ん中)付近で過剰歯が多く見られます。
前歯の間に過剰歯があると、永久歯がまっすぐ生えるのをジャマして、スキマが開いてしまうのです。
前歯が八の字に広がって生えていないかチェックしてみましょう。

 

●過剰歯を見つけるヒント②:乳歯は抜けたのに永久歯が生えてこない

 

こちらも上顎によく見られます。
過剰歯のせいで永久歯が正しく成長できず、生えてこないケースです。
7〜8歳前後から乳歯からの生え変わりが始まりますが、抜けたあとに永久歯が生えてきているかしっかり確認してください。
もし抜けてから半年以上も永久歯が生えてきていない場合は小児歯科に診てもらった方が良いでしょう。

 

過剰歯を治療しないとこうなる!?

 

 

歯のスキマが開いたり、永久歯が生えてこなかったりすると紹介しましたが、過剰歯の悪影響はほかにもあります。
専門的な内容ではありますが、簡単に見てみましょう。

 

●永久歯の歯根を溶かす

 

過剰歯の場所が悪いと、永久歯の根「歯根」を溶かしてしまう恐れがあります。
歯根が溶けると内側にある神経も傷つき、死んでしまう危険すらあるのです。
神経が死ぬと永久歯は抜けやすくなってしまいます。

 

●嚢胞ができる

 

「嚢胞(のうほう)」とは膿(白血球の死骸)のかたまりです。
歯ぐきに過剰歯があるとまわりに嚢胞ができてしまうかもしれません。
大きくなった嚢胞が永久歯の歯根を溶かしてしまう危険もあります。

 

●細菌感染の恐れが出てくる

 

虫歯によって歯の神経が死んでしまったとします。
虫歯の根元に過剰歯が埋まっていると、過剰歯も細菌に感染する場合もあるのです。
強い痛みがでたり、大きく腫れ上がったりします。

 

過剰歯は抜歯で対処するのがポピュラー

 

 

過剰歯を見つけた場合は、歯科医院での抜歯によって対処するのが基本です。
正常な歯と逆向きに生えてくる「逆性過剰歯」や真横を向いている「水平埋伏歯」ならばともかく、同じ方向に生えてくる(順正過剰歯)なら生え出てから抜くのが一般的です。

 

また過剰歯の生え方だけでなく、永久歯への影響なども考慮して小児歯科医に処置の時期を決めてもらいましょう。
骨のなかにある永久歯やその神経を傷つけてしまう恐れがあって、低年齢すぎると処置がむずかしいとされています。
6〜7歳で永久歯に生え変わる時期を迎えてからの抜歯が一般的ですので、生え変わる以前に発見したら小児歯科医と一緒に経過を見守るようになります。

 

過剰歯は子どもだけでなく大人も注意!

 

 

お子さんの口内を気にされている親御さんも多いかと思いますが、大人になってから過剰歯が発見される人もいます。
しかも、永久歯が生えそろって歯並びが完成してしまっている大人は、過剰歯の治療が大掛かりになってしまって大変です。

 

お子さんの虫歯や歯並びは気にされているのに、自分はしばらく歯科にかかっていない親御さんも多いではないでしょうか。
お子さんの検診だけでなく、クリーニングなどと合わせて、過剰歯がないか親御さん自身の分も確認してみてもいいかもしれません。

 

また今回紹介した「過剰歯」以外でも、お子さんの口内環境について別記事で紹介しております。
下のURLからぜひ合わせて読んでみてください。

 

■鬼歯・魔歯!リガフェーデ病にもつながる「先天歯」の対策
https://www.nagomi-kids-dental.com/blog/2020/02/18/about-congenital-teeth/
■「義歯・入れ歯」って、子どもにも必要なときがあるんです。
https://www.nagomi-kids-dental.com/blog/2020/01/21/about-denture-for-children/